社会人4年目のめも帳

ITの知識なんてまったくない女の子が、外資系IT企業で”一流”の営業になるまでの記録

社会人4年目のめも帳:私は二流。/今日時点での一流の定義。

今日、チームリーダーが今後の戦略を上に説明する。

 

というMTGがありました。

そこで感じた思いとちょっとした反省をめも。

 

 

結論。

 

 

支離滅裂・準備不足。

 

 

正直んーっ・・・となってしまって、

リーダーとして・・・

 

と色々と考えてしまいました。

 

 

 

たまたま同期に今の気持ちを話したら、

「そのチームで頑張ってるのが偉いよ!」

と言ってもらいましたが、

帰り道、

”今の私は二流だな~”

と感じました。

 

 

 

確かに、愚痴をいって、ふてくされるとかはしないけれども、

現状に甘んじている私は二流。

 

 

きっと一流の人は、

年齢関係なく、

対立するでもなく、

こういう方がよい。

という方向にうまーくもっていって改善していくんだろうな・・・

 

 

 

だから今日時点での一流の定義は、

「どんな状況でも、全体を改善できる人」

 

 

 

私も改善していかなきゃ。

 

めも。