読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人4年目のめも帳

ITの知識なんてまったくない女の子が、外資系IT企業で”一流”の営業になるまでの記録

社会人4年目のめも帳:アサイチの”女性の幸せ”特集について

この前たまたまアサイチの録画をみていて。

思わず考えてしまう特集だったので、5月18日の放送だけど、いまさらめも。

www1.nhk.or.jp

 

 

 

私は女性として働き続けたい。
という夢をもっているけど、

 


・専業主婦は”代理戦争”をしている (受験しているのは子供だが、その結果について親同士で戦っているような感覚になる)

 

・仕事ができるピーク=生むピークでもあり悩む

 

・生むというのは一人でできることではない。縁の世界=悩まない

 

・科学の進歩で不妊治療の技術が進む=逆に選択肢が増えた


という意見をきいて。

 

 

これから

女性として、さまざまな選択肢の中から、自分の道を選んでいく。

というのはとても大変なんじゃないかと。

 

 

 

今まだ、普通に働いている友人が多いけど、


そんな状況でも、結婚したり、子供を生むということを選ぶ友人もいて。

 

 

そういう友人をみると、”おめでとう!”といいながら、
こうやってバリバリ仕事だけにむかって生きていいのか。
不安になります。

 


とにかく色んな選択肢がでてきて、

またその選択がSNSやメディアを通じて見えてしまう時代。

 

 

人は人。自分は自分とわかっていてもわりきるのは難しいから、
迷ったときに耐えられる、自分の強みがほしい。

 

 


そういう強みを創ろうとおもった今日でした。


めも。