読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人4年目のめも帳

ITの知識なんてまったくない女の子が、外資系IT企業で”一流”の営業になるまでの記録

社会人4年目のめも帳:7月1日の異動に向けて#4 (異動結果/営業が数字に責任を持つということ)

結果、外勤営業に異動できました・・・!

 

 

ぱちぱち。

 

 

 

 

だけど、

今日部長にもらった数字は納得できない。

というめも。

(暗い話だけどいいよ。という場合のみ続きを読む。を笑)

 

 

 

 

-----------------------

「A,B,C社を担当させたいと思うけど、どうかな?」

と部長に聞かれた。

 

 

 

もし1,2年目だったら何も考えずに、

 

 

「はい!」

 

 

って言っていただろう。

 

 

 

でも昨年、営業の大先輩に、

「一度責任取る。といった数字は絶対達成しなきゃいけない。

そうでないなら、自分の目標数値に納得持てないなら、はい。と言ってはだめ。

それは責任のない行動」

と言われたとき「はっ」と。

 

 

 

つまり1-2年目は、わけわからないのもあったけど、

自分は一度受けてしまった数字に文句を言っていたのだ。と反省した。

 

 

 

 

そう理解してからは、

納得できる、それは楽々。というわけではもちろんないけど、

つまり背伸びをすれば届けそうな目標か。

ちゃんと確認するようになった。

 

 

-----------------------

 

はて、残り半年で達成すべき数字は、

A社の大型案件を逃すと(そしてこの案件は来年にずれこみそう)

絶対に達成できない数字。

 

 

 

「どう?」

と部長がきいてきたので、

上記説明で納得できない。と言いました。

 

 

 

その結果。

 

 

 

 

「全体が厳しいんだからサ。仕方ないでしょ。」

(議論終了。)

 

 

 

 

 

正直「どう思う?」と聞いた意味・・・。

と思ってしまった。

どうあがいても変わらないならば、聞かなければ良かったのに。

 

 

 

今回は、部長がいったんは歩み寄る姿勢だけ。

みせたように感じてしまった。

 

 

 

 

こんな私は間違っているんだろうか。

そんなことを考える、なんだか肌

 

寒い夏のはじまり。

-----------------------

 

f:id:yamaiririy:20160705235147j:plain

そんな暗い気持ちでおわっちゃだめだー!!

と思って帰りに東京駅で「しあわせを呼ぶクリームパン」を。

www.laterre.com

 

めも。