読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人4年目のめも帳

ITの知識なんてまったくない女の子が、外資系IT企業で”一流”の営業になるまでの記録

【読書メモ】社会人4年目の本棚:「結局は自分自身が現状をどうしていたいか?という意思に尽きるのです」

 ちょっと前に読んだ『バタバタしない』技術をめも。

「バタバタしない」技術 (PHP文庫)

「バタバタしない」技術 (PHP文庫)

 

 

 

一時期仕事がバタバタしすぎて、

どうしたらいいか・・・。

悩んでた時に買った本。

具体的なアドバイスも書いてあり、サクッと読めておすすめ。

 

 

ーーーー

バタバタする理由は、

1.事前準備不足

2.時間管理不足

3.リスク想定不足

の3つに分けられるとして、

どうしたらバタバタしなくなるか、

1.バタバタする人の症状

2.バタバタしないための心構え

3.バタバタしないためのタスク管理

4.バタバタしないためのコミュニケーション

5.バタバタしないための仕組みと週間

6.それでもばたついた時の応急処置

7.バタつかない生き方

の7章で解説してあります。

 

 

 

f:id:yamaiririy:20160504235420j:plain

 

 

当時は、「アピール不足」というところに感銘をうけたっけ。

どんなに忙しくても、上司にそれをきちんと伝えていなければ、

上司もどうしようもできない。

「なんでこんなに忙しいんだ!」

って嘆いてるだけじゃなくて、上司にアピールして、理解してもらって、仕事をオフしてもらう。

自分が抱えてる1枚もののチャートを作って説明したなぁ。。

 

 

 

今改めて読み直して、メモしたいのは、

3章 タスク管理

7章 どのように生きたいのか

の部分

 

 

3章 タスク管理については、

私はやることのTODOListに関してはちゃんと頭の中にあるけど、

それをきちんと管理できてるか?

に関しては、明確なルールがなかった。

「なんとなくわかってること」と

「明文化してルールかしてあること」は違うから一度きちんと書いてみよう。

 

 

 

そして7章。

「結局は自分自信が現状をどうしていたいか?という意思に尽きるのです」

 

就職の時の”こういう風に働きたい!”や”こういう部署にいきたい”

はあったけど、少し近視眼すぎるきがする。

 

 

4年目になった今もう一度、”どうなりたいか”考えてみようと思ったGWでした。めも。

 

 

※あと個人的には、「結局はバタバタするのだ」と覚悟する。

というのも、楽になった一文でした。

 

めも。